夏なのになぜ太る?意外と知らない「夏太り」とその予防

夏と言えば肌を見せる機会が増えるため、1年でもっともダイエットに力を入れる人が多い季節です。

冬に比べて夏バテで食べる量も減りますし、沢山汗をかくことから「夏やせ」する人も多いですよね!

しかし一方で、何故か夏に太ってしまう「夏太り」をする人がいるんです!

そこで今回は、夏太りの原因と、夏太りしないためにはどうしたらいいかを紹介していきたいと思います。

1.なんで夏太りするの?

そもそもどうして夏太りするのでしょうか?

実は夏太りには食べ過ぎ・飲みすぎの他に主に3つの原因があります。

食べ過ぎている自覚がないのに体重が増えた人はチェックしてみてくださいね。

・水分摂取量が足りない

夏は沢山汗をかくため、体内の水分が足りなくなりがちです。

身体は自分が思っているよりもすぐに脱水状態に陥ります。

「普段より飲んでいる」という人の中にも、摂取量が足りない人がいるくらいです。

脱水状態になると、身体は必死に体内に水分を留めようとします。

その結果むくみやすくなったり、老廃物が体内にとどまったりと悪い影響が起こり始めるのです。

・身体が冷えている

1日中冷房の効いた部屋にいたり、暑いからといってアイスやかき氷ばかり食べてたりしている人は要注意。

身体が冷えるとむくんでしまったり、代謝が落ちたりしてしまい、太りやすくなってしまいます。

またアイスもかき氷も、1つのカロリーは低いかもしれませんが飽和脂肪酸が含まれているものが多いことから毎日食べるのはやめた方がよいでしょう。

・食べる量が減っている

「食べる量を減らしたのに太るの?」と疑問に思うかもしれませんが、いつも食べる量を少なくしてしまうと、身体が飢餓状態に慣れて、代謝を極端に落とし始めます。

そうすると結果的にとても太りやすく痩せにくい身体ができあがってしまうのです!

こうなると夏が終わり、食欲の秋が到来した途端にとんでもなく太ってしまう可能性もあります。

暑くて食欲がない場合でも、栄養バランスを考えてきちんと食べるようにしましょう。

2.夏太りを防ぐにはどうしたらいいの?

夏太りの原因についてはわかっていただけたかと思いますが、「そうは言われても…」と思った方も多いのではないでしょうか?

そこで今から、夏太りを防ぐための3つのポイントを紹介していきます。

2-1.身体を温める

  暑い夏に体を温めるのは心が折れることではありますが、日中冷房の効いた室内にいる人は尚更身体を温める必要があります。

  

 ・暑いからといってシャワーで終わらせずに、湯船にしっかりと浸かる。

 

 ・生姜やチーズなどの身体を温める食品を食事の中に取り入れる。
 ・寝るときは布団をかける。

  など、日常のちょっとしたことを変えていきましょう。

2-2.水を沢山飲む

  熱中症対策という意味だけでなく、夏は何度も言う通りむくみやすい季節なので、積極的に水分補給をしましょう。

  ここで大切なのは、ジュースやコーヒー、お茶ではなく、ただの水をこまめに補給することです。

  一気に飲むのもあまりよくないので、自分の中で1時間おきに何mlなどと量を決めて飲むようにしましょう。

2-3.リンパマッサージをする

  少しむくんだだけで、脚や顔は太ったように見えてしまいます。

  だからこそ日々リンパマッサージをすることで、むくみを解消することができるのです。

  やり方は簡単で、心臓に向かってリンパを流すイメージで撫でるだけ

  人によって手を握りこぶしの形にしたり、マッサージオイルを使ったりと細かいやり方は違うので、気に入るものを探してみるのもいいですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

夏太りを防ぐには、なるべく身体を冷やさず、普段通りに生活することがいちばんです。

ダイエットだけでなく、体調管理の一環としても、夏太り防止策を取り入れてみてくださいね!